スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    飛ばしてみて

     
    エンジンファンマウント・クーリングファン・クラッチは、新品の部品を取り付け
    91SR-3Cは、この状態で保管しときます。
     

     
    クランクシャフト、バランスを考慮されていますね。

     
    慣らし、5タンクしてきました。

     
    取説では、メインニードル1回転1/2~3/4
    サブニードル2回転1/2 開くと記載があり
    このニードル位置で1フライトしましたが
    メインニードルが慣らしにしては、スローに戻る時若干引きずるようが辛い気がました。
    で、
    調整しながら5タンク目は
    メインニードル1回転3/4~2回転
    サブニードル(上空)1回転1/4~1回転1/2で慣らしをしました。
     
    マフラーの温度が少し熱いのが気になりました。
    次回は、取説にも記載がありますが排気チューブを外して使ってみます。
     
    あたりが出るまでに起こる燃料タンクの泡立ちも
    かなり少なくバランスよく仕上がっていました。
     
    飛ばしてみて(外気温36度)
    太い音色はいいですね!!
    ローターSAB226(710mm)でピッチ11度
    大舵時でも着いてくるって感じのトルク感が印象的でした。
     
    日本GP前また猛暑のこの時期に新エンジンを出してくれるのは
    年間を通じて使うエンジンとしては良し悪しがはっきり分かって大変ありがたいです。
    秋~春はどのエンジンでも調子いいで分かりにくですよね。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    titan50

    Author:titan50
    ようこそ!

    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ(タブ)
    Lc.ツリーリンク
    メールフォーム
    RSS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。