スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ギヤー欠け

    700Nで、ギヤー欠けをよく耳にします。

    私自身、まだ欠けていないのですが、
    メインギヤーのみ、欠ける方と
    オートローギヤーかトルクチューブフロントドライブギア側が欠ける方で
    必ずどちらかに分かれているのが、疑問になりました。

    メインマストを3点止めではない、700は
    メインマストベアリング・オートローベアリングにかなりの負荷が掛かるはずです。
    数フライト・墜落ですぐにガタガタになったので、まずは国産ベアリングに交換しました。

    で、他にも何か原因があるのではと・・
    2セット用意しました。



    気になったのは、この隙間です。


    写真のように、6本のネジを締めこむと
    ケースが外側に広がり
    圧入してあるベアリングが動いてしまいます。


    この状態でネジを外して、裏返して見ると



    このベアリングが動くと、2点止めのメインシャフトのため
    メインベアリングのヘタリで、多少なりともバッククラッシュに影響があるのでは・・

    だから、メインギヤーのみ欠けるのと
    オートローギヤーかトルクチューブフロントドライブギアのみ欠ける方に
    分かれるのではないかと思います。

    そこで、対策として


    0.5mmのシムを1枚6箇所に入れました。
    これで、ネジを締めこんでもベアリングが外れません。

    最初、シムを2枚づつ入れましたが
    オーローギヤーの出べそがベアリングを押し付け、廻りが渋くなりました。

    2セット試しましたが、同じようにシム0.5mmでしっかりと
    固定できました。

    フライトテストは、古いギヤーを付けて試してみました。


    燃料をニトロ30%使用して
    ラダー左右に切り返したり・ピッチを多くして急激に負荷をかけたりしましたが
    無事でした。

    私の技量では、まったくフライトテストにはなりません
    これが、ギヤー欠けの原因でないかもしれません。

    あくまで、参考程度にして下さい。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    titan50

    Author:titan50
    ようこそ!

    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ(タブ)
    Lc.ツリーリンク
    メールフォーム
    RSS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。